今の賃貸を選んだ理由

賃貸アパートやマンションでは、ユニットバスの物件よりバスとトイレ別の物件のほうが人気があります。

今の賃貸を選んだ理由

賃貸の一人暮らしはバストイレ別かユニットバスか

賃貸物件を探す時に、トイレと風呂が同室のユニットバス物件より、バストイレ別の物件に人気があります。バストイレ別の物件は、セパレート物件とも呼ばれています。バストイレ別の物件は、浴槽にお湯をためて、アロマやバスオイルを入れてゆっくりお湯につかりバスタイムを楽しむことができます。トイレと別なので、トイレのカバーやトイレットペーパーが湿ったりもしませんし、床に水がかかることを気にする必要はありません。友達が来てお風呂に入ってる間、トイレを我慢する必要もありません。

しかし、ユニットバスの物件にも利点はあります。掃除が苦手なひとはお風呂とトイレを掃除するのは一度にできるから楽だと言う人もいます。最近は浴槽にお湯をためることをせず、シャワーしかしない人も増えているのでユニットバスで充分と考える人も多いようです。ユニットバスの物件は、バストイレ別の物件より家賃が安めの物件も多いので、経済的だと言う意見も多いのです。ユニットバスの物件でも浴槽の大きさは様々です。バストイレ別でも浴槽が小さなものもあり、ユニットバスでもホテルサイズの大きめ浴槽の部屋もあります。

ユニットバスの物件か、バストイレ別の物件かは、両方の物件を見比べてみたり、自分のライフスタイルや予算などを考慮しながら決めると良いです。