今の賃貸を選んだ理由

最近でペットが飼育可能な賃貸物件が増えていますが、中型犬や大型犬となるとまた話は変わってきます。

今の賃貸を選んだ理由

ペットが飼える賃貸物件について

ペットブームで犬や猫を飼う人が増えている中、賃貸物件もそれに合わせるようにペットが飼育できる物件が増えてきています。しかしながら、そのような物件のほとんどが小型犬や猫など小さい動物を対象としています。中型犬や大型犬ともなると、その対象となる物件はかなり少なくなります。一軒家の賃貸であれば問題ありませんが、アパートやマンションなどでは現実的に厳しいようです。部屋を提供する側から見れば、鳴き声も大きく人に噛み付くなどの大きなトラブルを招く恐れがあるのと、部屋の中を破損されてしまう可能性もあるので中型犬や大型犬を飼育している人をお断りしているのです。

そのようなことから、大型犬などを飼育できる物件は築年数が古いところが多いです。入居者が集まらないために、大型のペットを飼育できるように条件を変更して人を集めようとしています。またそのような物件でも、犬種によっては入居をお断りしている場合もあります。グレートデンなどの超大型の犬種や、土佐犬のような闘犬などは周りの住民に恐れを抱かせる可能性があるからです。このような様々な事情があるので、大型のペットを連れて引っ越しをしなければならない際は、新しい物件探しに苦労する可能性があります。