今の賃貸を選んだ理由

賃貸物件マンションに住むにあたりメリットやデメリットがあります、特に多いのが騒音になり入居前の確認が必要です。

今の賃貸を選んだ理由

賃貸マンションの騒音問題

賃貸物件を探すときマンションの良さや不満、問題点などもチェックしなければいけません。多いのが騒音になります。大半は上階の足音など飛び跳ねるドスンという音だったりします。床の構造上では裏側にカーペットや畳、グラスウールなどが張られた遮音フローリングなら振動を吸収して音が伝わりにくくなったり、壁に十分な厚さが合っても仕上げの間に空洞があると音が響きやすくなります。又、就寝中の給排水管から出る音も気になるものです。寝室の壁の向こうが隣家の洗面所だったりして眠れないとか、道路を走る車の音が気になる人もいます。幹線道路側であれば窓を二重サッシにしてあれば違ってきます。

お隣からの騒音は壁のなかがどういう構造になっているかで違ってきます。意外と多いのが配管から聞こえる水の音ですが、これは遮音ゴムシートと言って管を固定する金具にゴム当てがしてあるのか、遮音用のプラスターなど石こうボードが張られているかで音の響きが違ってきます。ある程度の音はしかたないにしてもマンション経験をされている人などに聞いておくことも大事です。特に騒音などが気になる方は遮音等級を知っておくことも大切です。標準はL50ですがL-30はほとんど聞こえないL-70だと大変よく聞こえるといったように数字が増えれば音がよく聞こえるという目安です。